【活用法リスト】ストレングスファインダー34全資質

あなただけの才能を使い倒そう

戦略的思考力

戦略的思考は

考えずにはいられない

という資質のグループです。
その思考力は他社と比べて軍を抜いています。活用法を習得して、あなたのよりよい未来に役立ててください。

 

未来志向

自分に対しても相手に対しても、理想の未来を描きましょう。理想の未来を描いたら、それを実現するために行動しましょう。未来が思うように描けない場合は、情報収集に時間を割きましょう。すでに理想の状態を実現している人が必ずいます。
起業や新規プロジェクトなど未来志向が活かされる仕事を選んでみてください。
未来について話し合える場所を定期的に持ってください。専属のコーチをつけるなども適切な方法です。

 

分析思考

データを分析をしてみましょう。事実と解釈が入り混じった状況にメスを入れて状況を整理してみましょう。物事の規則性やパターンを見つけて行動に活かしましょう。
あなたが「物事の理由が気になる」ということを周囲の人間に伝えて、誤解を防ぎましょう。

内省

考えたことを日記(紙でもデジタルでも)などに書き留めてみてください。書く行為が更に思考を深めます。 考える時間をスケジュールに入れてください。また考える際には、思考を書き出すことをおすすめします。 定期的に一人の時間を作ってください。
瞑想など意図的に「考えない時間」も作ってみてください。

学習欲

少しでも興味があることは没頭して学ぶようにしましょう。基本的に人は新しいことを学ぶことに対してハードルがあります。あなたが変わりに学習してわかりやすくアウトプットしてあげてください。
新しい知識の習得が必要になる環境に身をおいてください。何年も状況が変わらない場所ではあなたの能力は全く発揮されません。動きが早いステージで活躍してください。

1点注意事項は、「成果を出すために飽きてもその後の実行が必要な場合」は、飽きてしまっても行動を止めることはやめましょう。学習欲に従って行動を止めると、成果が出ません。

原点思考

今までの出来事をまとめて、周囲に共有してみてください。過去の出来事を振り返ることが苦手であったり億劫であったりする人はたくさんいます。そういった方々にまとめた情報を共有して上げれば喜ばれます。
相手が今までしてきたことに関心を持ち、積極的に訪ねてみましょう。誰しも、自分に興味を持ってくれることは嬉しく感じます。
ケーススタディや、事例の調査などを積極的に行いましょう。過去に起こった事実から学びを得て、行動を変えることは非常に重要です。
今、直面している課題やアクションに対して、過去の事例から活用できることがないかを確認してみてください。

積極的に振り返り(一人/複数で)をして、物事を整理してから次に進むようにしましょう。

 

収集心

常に新しい情報を吸収してください。収集心は膨大な情報を整理する力が備わっています。
散らかっている書類やデータを整理する業務をしてみてください。
情報を整理する方法を工夫することも得意なので、アプリやWEBの仕組みなど使いこなせるようにしましょう。
収集した情報をアウトプットする習慣をつけてみてください。

 

戦略性

思い描いた理想を実現させるためにはどういう方法が最適か?を考えてみてください。
トラブルが起こっている相手の話を聞き、解決策を提示しましょう。戦略性の「可能性を探る」力が発揮されます。
相手のアイデアを否定しているわけではなく、あらゆる可能性を模索しているということを伝えてみてください。誤解を防げます。
論理的な思考力を上げるための投資(読書がおすすめ)をしてみてください。

 

着想

新しいアイデアが評価されるステージで仕事をしてください。クリエイティブが求められる場所でこそ、着想の真価が発揮されます。
行き詰まっている相手に対してアイデアを提供して見てください。着想にはかんたんなことでも相手にとっては喜ばれることが多いです。
マインドマップのツールを使えるようになりましょう。発想のレベルが上がり、アイデアも整理しやすくなります。
自分がどのような場所・時間帯でアイデアがでやすいか?を振り返って整理しておきましょう。アイデアが欲しい場合は意図的にその場所にいって創作活動をしてみてください。

 

影響力

影響力の資質は

他人に働きかけずにはいられない

というエネルギーを持っている資質達です。
影響力の誰かに何かを言いたい、人を動かしたい、自分を表現したいというのは
とても価値のある力です。

 

活発性

意思決定に誰かの許可が必要ない状況を作りましょう。あなたの「すぐ動きたい」という気持ちにブレーキを掛けないことが重要です。少人数でのプロジェクトや個人起業などで活躍します。
アイデアを出すことが得意な人と仕事をしてみてください。彼らのアイデアを実行するととても喜ばれます。
問題を打開しようとするときは、考え込むのではなく行動して解析するようにしましょう。例えば、図書館に引きこもるのではなく、実際にアクションした結果をもとに思考を巡らせてください。

 

競争性

自分の成果を図れる状況を作ってください。行った結果が可視化されないと、モチベーションが下がります。
自社・または競合のポジショニングを把握することが得意です。差別化ポイントなどを考える仕事をしてみてください。
勝った理由・負けた理由をしっかりと振り返ってみてください。

 

コミュニケーション

あなた自身が目立てる時間・仕事を作ってください。人前に立つことはあなたのモチベーションを向上させます。
人のこころを動かす言葉・文章を集めてください。どういう言葉が人々の共感を集めるのかを知っていると、才能の活躍に磨きがかかります。
話し方・プレゼンテーションのスキルを磨いてください。才能があっても実力がなければ、思うような成果を出すことはできません。
メッセージをするためにどういう手段があるのか?を模索してみてください。例えば、実際に話す以外にも、各種SNSやブログなどもあります。
あなたのコミュニケーションの資質が一番最適に発揮される媒体を特定してください。

 

最上志向

人の成功を助ける仕事を意識してください。例えば、コーチング・マネジメント・講師など。人の優れている部分に着目できる才能は特筆すべき点です。
最上志向は欠点ではなく、良いところに注目が行きます。周囲の人の良いところを見つけて、積極的に伝えてあげてください。
問題を解決するより、さらに成果を出せる仕事を探して取り組んでください。良いものを更に良くすることに、あなたのリソースを注いでください。
優秀な人と過ごす時間は、満足度が高いかもしれません。自分よりレベルが高い人と関わる用に努めましょう。

 

自我

他者からのレスポンスがわかるように、環境を整備しましょう。ただ実行するだけではなく、周囲からの評価があなたのモチベーションに火をつけます。
あなた単独ではなく、周りの人も一緒に称賛される方法を模索してみてください。
あなたに注目が集まる実績を作れるように、リソースを注いでください。
自分のモチベーションが上がる称賛はどのようなものだったか?を過去を振り返って明確にしておきましょう。そして、今後それがえられるように行動しましょう。

自己確信

あなたが自身を持って意思決定できるときはどういう時なのかを突き止めてください。それがわかれば意図的にその状況を作り、いつでも確信をもって判断ができます。
あなたが「大丈夫」と思うことは素直に相手に伝えてください。その揺るぎない発言が相手の勇気になり、行動を支えます。「この人ならいける」と思ったら、ためらわずにそれを伝えましょう。
決断力を高めるために時間を使ってください。
管理や指示がなくても仕事をすすめることができます。あなたが最も力を発揮する仕事環境を見極めてください。

 

社交性

まだ見ぬ、新しい人と関われる仕事を探して下しい。初対面の人を恐れないあなたの才能は、大いなる武器になります。
出会った人の誕生日/趣味/記念日などを記録して、連絡をとりましょう。あなたが想定しているより、他者は喜んでくれます。
人と人とをつなげる役割を買って出ましょう。他の人はあなたが思うより、人とつながることのハードルが高いです。あなたがコネクターになって、人脈を形成させてあげてください。
初対面で人と仲良くなる方法について学んでください。あなたの社交性の才能に磨きをかけます。
新しい場所に出向くことにハードルを感じる場合は、あなたに社交性の資質があることを信じて、トライしてみてください。必ずうまく行きます。

 

指令性

他者と率直に意見交換できる場面を作ってください。
意見を言うべきタイミングでは、あなたの意見を主張してみてください。
意見を言うことが苦手な同僚・仲間がいる場合は、彼らの意見を代弁して伝えて上げてください。
他の人はあなたほど意思を表示することは得意ではないので、喜ばれます。
トラブルが起こっている場面では積極的に介入して、主導権を握ってください。緊急事態でのリーダーシップは非常に感謝されます。
人を説得する仕事を探してみてください。講演やセールスなどは相性がいいかもしれません。

実行力

アレンジ

回復志向

規律性

公平性

慎重さ

信念

責任感

達成欲

目標志向

人間関係構築力

運命志向

共感性

個別化

親密性

成長促進

調和性

適応性

変化が起こるステージで仕事をするようにしてください。毎日決まっていることをこなすことや、規則正しい状態ではパフォーマンスが発揮されません。
あなたに指示を出す人間が、信頼に足るべき人なのかどうかはチェックしてみてください。その指示を聞くことで、あなたの幸せ最大化が進まないようであれば、検討してみてください。
変化に直ぐに対応できるように、日常から準備をしておいてください。それは、すぐ旅に行ける容易かもしれないですし、外出先でも仕事ができる高性能ノートPCを持つことが重要かもしれません。
目標を立てることが苦手であれば、目標を管理してくれるパートナーを見つけましょう。職場の上司かもしれないですし、コーチ・コンサルなどをつけることかもしれません。
トラブルが起こっている現場には積極的に介入して、他者を助けてあげてください。他の人はあなたほど、臨機応援に動く力はなく、パニックになります。

 

包含

ポジティブ

 

最後に