1. HOME
  2. ブログ
  3. SF事例
  4. ストレングスファインダー研修を実施した富山の病院の事例

BLOG

ブログ

SF事例

ストレングスファインダー研修を実施した富山の病院の事例

こんにちは、ストレングスコーチの工藤です。
ストレングスファインダーで自分の強みを発見して、
その強みを活かして不動産投資で成果を出し、家賃収入で生活しています。

今日は、僕が懇意にしているGallup認定ストレングスコーチの福田幸寛さんが
医療法人に対してストレングス研修を実施したとのことで、
当ブログで取り上げさせてもらいました。

福田さんはドクターの資格も持つストレングスコーチでして、
今回の依頼主も医療法人です。

ストレングス×医療ということで、
今回特有のケースではなく、医療業界全体で共通する課題も多かったとのことです。

 

ストレングスファインダー研修の依頼主

今回、福田さんに依頼したのは、富山にある医療法人の
アルペンリハビリテーション病院」様です。

理事長の室谷ゆかり様と福田さんが連絡を取っていた際に、
コーチングの話題から、ストレングス研修が決まったそうです。

ストレングスファインダーで解決したかった課題

今回の依頼主の室谷さんは下記のような課題を感じており、
ストレングスコーチの福田さんに相談したようです。

病院のスタッフが、それぞれ独自では頑張っているのだけれど、
お互いがお互いのことを尊重しきれていない雰囲気がある

もっとお互いを尊重しあって働いてくれれば、
相乗効果が生まれるはず。

この課題について、他の研修も試したけれど、
効果がすぐに失われて(実施直後は改善する)
結局もとに戻ってしまう。

理事長
室谷ゆかり氏

そこで、以前から知り合いだった
福田さんに白羽の矢が立ち、ストレングスファインダーを使った研修を実施することになりました。

 

ストレングスファインダーの研修で実施した内容

今回実施したストレングスファインダーセッションは、
① 1対1のセッションと、②集団コーチングの2種類でした。

1対1セッション

19名のマネージャー陣に対して実施。
一人あたりの時間は、90分(10名ほど)と120分(9名ほど)。

集団コーチング

1回あたり90分の時間で、一度に参加するのは5人〜6人程度です。

主な内容は、参加者に共通している資質(強みの一つ)について解説し、ディスカッションしました。

また、共通していない資質も取り上げ、
「こういう考え方もある」ということを他の参加者に理解してもらうこともしました。

コーチの福田さんいわく、

自分が持っている資質に関して話すときは、誰もが生き生きとしていて、非常に楽しそう。
資質を通して自分のことを話すということが、結果的に「他者からの承認を得られる」という感覚につながっている気がした。

ということです。

ストレングスファインダーの資質を開示していない状態で、
自分の得意不得意、好き嫌いを話すと
単にわがままと捉えられてしまうことが多いですが、

「資質」というフィルターを通すことで、
自分の人格とは分けて考えられますね。

これは、他のグループセッションや、企業コンサルティングの場合でも
同様の感想を頂きます。

ですが、(今回のケースからは離れますが)
逆に資質をレッテルとして使ってしまうと、
ストレングスファインダーは凶器になりますので、
注意が必要です。

▼資質のレッテル張りとは
○○さんは、「△△」の資質があるから、こうだよね!と
資質を通して人をラベリングしてしまうこと。
「戦略的思考が低いから、頭が悪いんだね」など。

 

ストレングスファインダー研修を実施しての効果

参加者にアンケートを実施しており、
満足度5段階評価で、ほとんどの回答が「4」か「5」だったということです。

また、ご発注者の理事長からは

社員がいい方向で変化しているように感じる。

今後はメンバーのお互いの資質を共有してもらいたいので、
開示するタイミングを設定する予定。

また、参加者については、やって終わりにしてほしくないので、
得られたことやこれからの行動について、しっかり言語化してもらう予定。

まだセッションを実施できていない社員もいるため、
福田さんにはタイミングを合わせてまた来てもらいたい。

今回来てくれたおかげで、明るい・プラスの風を入れられたような気がします。
助け、助けられて、人はあたため合えるんだなと思いました。

とのコメントを頂いております。

ストレングスファインダーを始めとした人材開発は
効果の即効性は期待できないですが(逆に人がそんなにすぐ変わったら怖い)
長期的視点で考えると、絶対に投資するべき分野です。

まさしく、最も注力するべき「緊急ではないが重要なこと」ですね。
今後、新しい成果が出てくることがとても楽しみです。

ストレングスファインダーの研修の実施料金

今回のストレングス研修の報酬は、非公開になっておりますので、
気になる方は下記よりお問い合わせくださいませ。

※ブログでの料金表示はできないのですが、クローズドでお伝えする分には問題ありません。

無料で料金を調べる

 

ストレングスファインダーの研修を担当した
ストレングスコーチ:福田幸寛氏

今回のストレングス研修を担当したのは
福田幸寛コーチです。

1.ポジティブ
2.共感性
3.社交性
4.活発性
5.コミュニケーション

経歴や実績、得意分野などは詳細ページにまとめてありますので
下記リンクよりご覧ください。

福田幸寛コーチについて詳しく見る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事