自分の弱みが知りたかった

佐竹潤子様

お住まい
大阪府在住
ご職業
自営業

このセッションを受けた目的を教えて下さい

弱みを知りたかったから。

セッションを受けて、良かったこと、共感した(刺さった)講師の言葉、その後の変化などを教えて下さい

手放すために弱みを知りたいと思っていたが、
そもそも弱みに目を向けることそのものが苦手なので(最上志向)
強みにガッチリフォーカスして、弱みの自然淘汰を待つ方が
自分に合っていることが分かった。

工藤さんが「この組み合わせめっちゃいいですね」と言ってくれるのが嬉しい。
たぶん、みんなこれ言われるとすごく嬉しいと思います。
その後、自分が何か決断したり話したりしているときに、
「いまこの資質が出てるのかな?」と分析できるようになってきた。

このセッションをどんな人に勧めたいですか?

・今の仕事が向いてないのかも?と思っている人
・個人事業主
・新しいことを始めようとしている人

要望、質問、感想などがございましたら記入くださいませ

自分はポジティブって思ってなかったけれど、ポジティブ=明るいいめーじだっただけで、
ポジティブ=物事や人の良い面に目が行きがちと定義すると、
私は完全にポジティブでした。

言葉の定義って大事だなと。

そして、自分は物事や人の良い面を見ることができているのだとわかると、
それが自分らしさとして認識できるのが良いですね。

本当は持ってる自分の良いところ、こうして客観的に分析しないとわからないものなので。
自分らしさ=人と比べないこと
自分らしさ=自分で自分の良いところを認識できていること
かなと思い始めました。

ちなみに自分らしさ=自己比較の数 だそうです。
こないだFBで紹介してたセミナー?のパネリストである
前野先生の幸福学によると自己比較の数も「定量化できる幸せの基準」だそうです。

つまり、ストレングスファインダーで自分の良いところを見つけて
自分らしさがわかると幸せになれるということじゃないでしょうか?

Kudo’s Comment